JR東海「ブレーキ総合試験装置」新設 新幹線ブレーキ性能向上へ 雪落としマシン開発も

滑りやすい状況を模擬可能

JR東海が2022年5月16日(月)、東海道新幹線のブレーキ性能向上に向けた試験装置の新設について発表しました。

地震などが発生した際、速やかに東海道新幹線を停止させるため、継続的な技術開発によってブレーキ性能を高め、ブレーキ距離を短縮してきたというJR東海。

そうしたなかJR東海は今回、ブレーキ時に滑走が起こりやすい寒冷な雨や雪の降る環境を模して、ブレーキ性能をさらに高められる試験が可能な「ブレーキ総合試験装置」を、鉄道では国内で初めて、JR東海の小牧研究施設(愛知県小牧市)に設置したそうです。

JR東海が開発した「ブレーキ総合試験装置」概要(JR東海ニュースリリースより)

JR東海が開発した「ブレーキ総合試験装置」概要(JR東海ニュースリリースより)

ブレーキ時に車輪がレール上を滑走した場合、ブレーキ力の強弱を調整することによって滑走を早く収束させているそうですが、寒冷な雨や雪の降る環境で強いブレーキをかけると、滑走によりブレーキ距離が長くなる場合があるとのこと。

この「ブレーキ総合試験装置」は、そうした寒冷な雨や雪の降る環境を模擬した状態で試験が可能。JR東海はこの「ブレーキ総合試験装置」を使い、さまざまな気象条件下で滑走を早く収束させる性能をさらに高めていくといいます。

また、冬季は車両への着雪によって徐行や遅れ、駅での雪落とし作業が発生している東海道新幹線。そこでこの「ブレーキ総合試験装置」を活用して、着雪しにくい車両構造の検討や、雪落とし作業を機械化する開発にも取り組むそうです。

この「ブレーキ総合試験装置」は2021年6月から調整や試運転などが開始され、2022年3月から本格稼働を開始。導入費用は約28億円です。